【ぼくの心の聖書を紹介したい🍒】

『自分の中から湧き出してくる情熱が、その人の仕事や人生を決定づける。』
by『絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ』見城徹さんより。

 

一気に目が覚めた!!心に稲妻が落ちたような衝撃だ。
「これだーーー!!」思わず自宅のPC前で叫びをあげてしまった。

 

冒頭から置いてきぼりにして申し訳ない。
実は恥ずかしい事にぼくは人生の露頭に迷ってウジウジしていた。
精神的にも肉体的にも疲れて無気力だったのだ。

 

更にこの記事を読んで絶望していた。

note.mu

まるで自分のことを赤裸々に語られてるかのように感じたからだ。

『もうダメだ。これは仕方ないんだ。諦めよう。』
・・・ずっと後に残る後悔を選ぶ。もう心に闇を背負うしかない。

 

そんなぼくに見城さんの言葉はダイレクトに響いた。

稲妻のような喝が全身を駆け巡った。

 

今のぼくの行動がまさに『情熱から生まれた行動』だからだ。
心から湧き出してくる熱い想いが『格闘家チェリー』を作りあげた。
迷いと不安だらけだった日々の生活が色鮮やかに変わっていく。

『格闘家チェリー』は目標に向かって力を尽くすことの素晴らしさを教えてくれた。

 

ふとページを前にめくる。そこに。
『ハマることは“本気になることだ”。否応なく、心と体がそちらに向いてしまうことである。』

 

今ぼくはキックボクシングをすることが好きだ。
この文章で初めて告白したと思う。紡いだ言葉に違和感を感じない。
最初の練習は辛い事の連続で、怪我ばかり、辛苦に耐える日々だったけど、
いつの間にか辛さは楽しさに変わっていたからだ。
今はキックボクシングを通じて変わっていく自分が楽しい!

 

そして見城さんに『自分を信じろ』と言って貰ってるようだった。
厳しいようで温かみのある言葉が心に染み渡る。

 

ぼくの中から情熱が再び湧き出してくる。
冷めきった心が少しずつ熱を取り戻していく。

 

これだ。これが『ぼくのペース』だ!
心のエンジンは再び熱く燃えている。
また一歩踏み出せそうな気がする!

 

心から湧き出す情熱を素直に感じて、正直に行動し、あとは力を尽くす!

 

HATASHIAIまであと15日。自分の人生を真っすぐ生きるぞ!!